トップページ│業務案内 ─ 著作権・知的財産権相談


現在、業務のご依頼をお受けしておりません。誠に恐れ入りますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


著作権・知的財産権相談

デザイナー業・ライター業などのクリエイターの著作権を守るために

デザイナー業・ライター業などのクリエイターの著作権を守るために

自分の業務にどのような権利が発生するのかを知っておきませんか?

フリーランスの方に多いのが、デザイナー業・イラストレーター業・ライター業・フォトグラファー・カメラマンなどのクリエイティブ業務。フリーランスやSOHOといった形の個人事業としてクリエイティブ業務を請け負う場合には、その成果物(デザインデータ・文章・写真など)に対する著作権や知的財産権についての知識が不可欠です。

基本的には、デザインやイラスト・写真・文章といった成果物の著作権は、お金を出したクライアントではなく、その著作物の作成者にあります。クリエイティブ業務を行う方にとって著作権は、とても身近で重要な権利なのです。

また、クリエイティブ業務には、著作権だけではなく、特許権・実用新案権・意匠権・商標権等の知的財産権の問題が発生する場合も多くあります。

自分の業務にどのような権利が発生するのか、どのように自分の権利を守って行けばいいのか。ご自分の大切なお仕事と権利を守るためにわからないこと、疑問に思っていること、どんなことでもぜひお気軽にみなみ行政書士事務所までご相談ください。

※みなみ行政書士事務所では、クリエイターの方々の著作権を守るための「niago著作権サポート」というホームページの運営も行っております。著作権のサポートについてもっと詳しく知りたい方・興味のある方は、「niago著作権サポート」のホームページもぜひご覧ください。

→「niago著作権サポート」のホームページへ

  • デザイナー・イラストレーター・ライターの著作権について知りたい
  • カメラマンの著作権について知りたい
  • クリエイティブな仕事の著作権に関する契約書を作りたい
  • 著作権ごと譲渡するようにいわれたのだが、どういう意味なのかわからない
  • クライアントから提出された契約書の内容をチェックして欲しい
  • これからクリエイティブ業務をやるときに注意したほうがよいことを教えて欲しい
  • 著作権や知財について、スタッフ全員に講義して欲しい  など

現在、業務のご依頼をお受けしておりません。誠に恐れ入りますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


Copyright©2012-2016みなみ行政書士事務所 All Rights Reserved.