トップページ│業務案内 ─ カフェトーク・カフェトークLight、メール・FAX相談


現在、業務のご依頼をお受けしておりません。誠に恐れ入りますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


カフェトーク・カフェトークLight、メール・FAX相談

おいしいお茶を飲みながら、行政書士と一緒にお話しませんか?

おいしいお茶を飲みながら、行政書士と一緒にお話しませんか?

普段の生活を送る日々の中で、困ったこと、ふと疑問に思ったことはございませんか?

例えば、契約書の作成や離婚問題、お金を払ってもらえない、親の介護が心配、自分の老後のペットのことが心配……など、誰にも相談できないままつらい思いをなさっていませんか。

まだ具体的な相談はできないけれども、知っておきたい数々のこと、話しておきたい不安なことはありませんか?

みなみ行政書士事務所では、「相談者」と「行政書士」という関係ではなく、喫茶店やカフェなどの明るく楽しい場で、もっと気軽に何でも話せる「カフェトーク」を行っております。

「カフェトーク」という名称には、一方的にこちらが話すのではなく、一緒に会話をして楽しもうという意味を込めています。マンツーマンまたは3名様までの少人数で、ゆっくりとお話いただけます。「ひとりで初対面の人と会って話をするのは苦手……」という方も、お友達などを誘ってぜひご一緒にどうぞ!

お客様のご要望に応じて、詳細な資料をお作りし、お持ちいたします。ぜひ、お友達とのお茶会のように気兼ねなく、緊張せずに何でもお話ください。

また、詳細資料をお作りしないことで料金を抑えた「カフェトークLight」プランもございます。

「カフェトーク」では、お客様のご要望にもとづいた詳細資料をご作成し、それを元にお話を進めていくため、ある程度きっちりとまとまったお話ができます。一方、「カフェトークLight」では、簡易資料をお持ちいたしますので、幅広くいろいろなお話ができます。

このため、「カフェトークLight」は、「相談者」と「行政書士」という関係よりも、お客様に"様々なお話をしていただき、それに随時お答えする"といった側面が強くなります。

なお、遠方の方やお時間の都合などでお会いするのが難しい方は、メール相談・FAX相談も行っております。全国でも数少ない女性の行政書士が、男性の行政書士には相談しにくいような内容も親身になってお聞きいたします。何でもお気軽にご質問ください。

「市民相談」といえば弁護士さんをまず思い浮かべるかもしれませんが、一般の方々にとって弁護士さんは敷居も料金もなかなか高いもの。その点、みなみ行政書士事務所の女性行政書士は、等身大でお客様に向き合います。「こんなこと相談していいのかな……?」と思うようなことでも、緊張なさらず、知人やお友達に話すように、遠慮なくご相談ください。

また、弁護士さんは、すでに揉めごとが起こっているときの相談相手ですが、行政書士はトラブルが起こる前の相談相手です。「トラブルを未然に防ぎたい」というときにこそ、関連する法律に沿ったアドバイスを行い、一緒に石橋を叩いて渡ります。

日常で困ったこと、疑問に思ったこと、お気軽にみなみ行政書士事務所にお声掛けください。

  • 気軽に相談できる相手が欲しい
  • 離婚を考えているが、どういったことに注意が必要?
  • 日常生活で困っていることの相談をしたい
  • お金を返してくれない相手がいる
  • そろそろ親の老後のことを考えたい
  • 老後のペットの面倒が心配
  • 自分が死んだ後、犬や猫の面倒を誰かにみてもらいたい
  • 公正証書の作り方が知りたい
  • エンディングノートを作りたい
  • 相続や遺言について知っておきたい  など

「ご面談」と「カフェトーク」「カフェトークLight」の違い

他の各ページでご案内している「ご面談」は、原則としてご相談内容が「契約書について」「内容証明郵便について」など、個別具体的なご相談の場合を想定しています。

「カフェトーク」「カフェトークLight」は、あまり具体的なものではなく、より広い範囲の内容について、自由にお話いただく・自由にご相談いただくものです。

また、「ご面談」は、みなみ行政書士事務所に実務をご依頼いただく際の事前相談の意味合いが強く、「カフェトーク」「カフェトークLight」は、その後の実務とは関係なく、お客様にいろいろなお話・ご相談をしていただくことがメインとなります。


現在、業務のご依頼をお受けしておりません。誠に恐れ入りますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。


Copyright©2012-2016みなみ行政書士事務所 All Rights Reserved.